読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gennei's blog

IT、読書、日記、メモ

久しぶりにくつろぐ夜

コーヒーを家で飲むことは度々あるのだが、ここ最近はコーヒーの豆を切らしていてなかなか飲む機会がなかった。

 

いつもコーヒーの豆は新宿駅東口にある「ヤマモトコーヒー店」でマンデリンを買っている。今日もお店に行き豆を買ったのだがそれ以外にも器具の買い物をした。そこで店員に質問したことをメモしておく。

 

ドリッパー

ドリッパーとはコーヒーをドリップする際に使うものでコップやコーヒーサーバーの上にあるものである。これにはいくつか種類があり、普段私は台形のものを使っていた。今まで円錐型のは使ったことがなくいい機会なので使ってみようと思い買ってみた。ついでに店員に違いを聞いてみた。

・台形のほうは、少ない量を淹れる(1~2人と考えてもらえればよい)ときコーヒーの粉の堆積があまりなく注いだお湯がすぐに落ちてしまう。多い杯数を入れる場合はあまり問題ではないが少ない杯数を淹れる場合はあまりおすすめしないそうです。

・円錐のほうは、逆に少ない杯数を淹れる場合でもコーヒーの粉の堆積する量が多いのでおいしくドリップされると言われた。一人暮らしでおいしいコーヒーを飲みたい人にはこちらがおすすめだろう。

 

コーヒーフィルター

ドリップする際に使用するもの。この紙を折って内側に粉をいれる。これにもいくつか種類がありお店でおいてあったフィルターの種類について聞いてみた。

・塩素漂白のフィルター

コーヒーを淹れる際主流となっていたもの。燃やす際に有害物質が発生してしまうため環境にあまりよくないらしい。最近のは他のものよりも紙の質がいいため少し値段が高い。

・酸素漂白のフィルター

塩素漂白の問題をクリアしたもの。値段は塩素漂白よりも安いが、紙の質は下がる。味は塩素漂白と変わらないのでこちらを買っても変わらないとのこと。ちなみに私はこれを買いました。

・コットンフィルター

塩素漂白、酸素漂白よりもきめ細かいフィルター。値段は他よりもするが、ネルドリップに近い感覚でコーヒーを淹れることができる。

 

あとはこれと割ってしまってずっと家になかったコーヒーサーバーを買いました。

 

さっそく家に帰ってコーヒーを淹れて飲んでみましたが確かにドリッパーを変えたら味が変わり自分ごのみになりました。とてもよい1日の終りとなりました。おしまし。