読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gennei's blog

IT、読書、日記、メモ

7月に読んだ本

期間 : 2011年07月
読了数 : 4 冊
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延 / アスキーメディアワークス (2011-03-25)
読了日:2011年7月31日
大停電の夜に (ワイドKC)
松苗 あけみ / 講談社 (2005-11-18)
読了日:2011年7月9日
映画と結構違う。映画のほうが好きだなあ。
教養としての大学受験国語 (ちくま新書)
石原 千秋 / 筑摩書房 (2000-07)
読了日:2011年7月5日
ディスコ探偵水曜日〈下〉 (新潮文庫)
舞城 王太郎 / 新潮社 (2011-01)
読了日:2011年7月3日

先月はテスト勉強のためあまり本が読めなかったため、これだけです。
ディスコ探偵水曜日』は上中下ととても長かったですが楽しめました。夏休みのように長時間時間がとれる時に読むといいかもしれません。
『教養としての大学受験国語』は@hanzo0709さんが引越しの時にいただきました。高校生の時とても国語が苦手でしたが、大学に入りたくんさん本を読んできて今から振り返ってみると、そんなに苦手意識なくなっていた。高校生のときにこの本を読んでもおそらく本の内容が理解できなかっただろうけど出会ってみたかった本である。またこの本はおもしろいだろう本の内容をつまみ食いできるので、興味を持った本を後に読んでみるといいかもしれません。
大停電の夜に』は映画を見て久しぶりに思い出して漫画版があるということを知り読んでみました。これを読むぐらいなら映画を見たほうがいいでしょう。
『ビブリア古書堂の事件手帖』は『文学少女』のような本でした。ジャケ買いしたので内容がおもしろいかどうかあまり気にはしていませんでしたが、そこまでおもしろくな(ry

今月はもう少し本が読めるといいなあ。