gennei's blog

IT、読書、日記、メモ

2月勉強会

月1回無理がないようなペースで勉強会を行うようにした。

先月は「流用技術時代の芸術――ポスト模倣時代の新規性(オリジナリティ)」と題して芸術の話をしてもらいました。

そして今月は「オブジェクト指向とはなにか」というテーマで、プログラミングしたことない人向けのオブジェクト指向解説をしました。

話題になった本などのメモです。

まず解説をした際のベースとなった本
オブジェクト指向でなぜつくるのか』

多重継承の話題の時に出た本

情報科学と存在論の関わりについて話をしたときに出てきました。


その後の飲み会にて以下の本に言及がありました。

この本に収録されている「アップルパイの午後」がとてもよいとのこと。
その後このような本も紹介されたり。

来月はどのようなテーマになるかはまだ未定です。

広告を非表示にする