読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gennei's blog

IT、読書、日記、メモ

J1 第1節 VS浦和レッズ 広島ビッグアーチ

サンフレッチェ広島 1−0 浦和レッズ
得点:49分 寿人

スタメン
    寿人
   高萩 石原
山岸 青山 カズ ミカ
 水本 千葉 森脇
    西川

交代
ミカ→石川
石原→大崎

来場者数:約3万人w

コメント
開幕戦、浦和レッズに勝ったあああああああああああああああああ。
前半立ち上がりはパスがうまく合わずなかなか流れをつかめなかった。後ろでボール回しをしていても、昨シーズンまでの監督であったミシャにはチャンスに見えたかボールを積極的に捕りにきた。後ろでボールを回しているときは 水本 千葉 カズ 森脇の4バック状態に。そして青山にくさびを入れながらボールを回したいが浦和のボランチ柏木が青山にマンマーク。とにかく青山に入らないようしていた。しかし、広島は青山を超えてサイドや高萩、石原にボールが入るようになりテンポをつかみ始める。攻撃も石原、寿人を中心にうまく組み立て、サイドの山岸ミカの両WBを使えていた。前半、寿人と石原のワンツーで石原が決定機を演出。寿人が決められず。これを決めていればもっと楽に試合を運べたかな。
守備に関しても
   青山 カズ
山岸 水本 千葉 森脇 ミカ
と青山とカズがDFに吸収されなかった。昨シーズンでは吸収され相手にパスを回されていたが二人が高い位置で守備をし、カズの鋭い読みでパスをカットして攻撃に繋げられるようになった。またディフェンスラインもズルズルと下がらず高い位置だった。オフサイドもとれるようになりとてもよかった。相手には槙野のヘディング以外決定機はなかったのでこの試合の守備は昨シーズンとは別物である。

浦和は柏木の運動量と散らすパスはやっかいであり、そして槙野の攻撃はあまりなかったがあがってきたときは少し怖さがあった。またリベロに入った阿部は寿人とマッチアップすることになったがうまく抑えていたと思う。しかし千葉に比べて効果的なパスが出せない分攻撃での怖さはなかった。浦和は柏木、槙野、阿部のうち誰かがいなくなると大変になるだろう。それ以外の選手はあまり怖さがなく個人的に注目していた梅崎も攻撃はいまいち、守備はミカに手を焼き捕まえきれず失点のクロスを許すことになってしまっていた。

試合を終わってみると千葉、石原と移籍した選手がとても活躍し、勝利を収めれた。因縁の浦和と、とてもプレッシャーのきつい開幕戦の勝利は大きい。しかし今日の試合は1/34でしかなく次の試合からもとても厳しい戦いが続くだろう。