gennei's blog

IT、読書、日記、メモ

映画の日

なんか毎月1日は映画の日というのがあってある程度の映画は1000円で見れるらしい。というのを去年知ってから何度か映画館に足を運んでいます。
高校生の時までは映画を見に行くのに交通費>>>チケット代という状況だったので遊びにいくついでに映画を見るということを数回したぐらいで(しかも劇場もしょぼい)たいして映画見ていなかったのですが、東京には映画館がたくさんあるので大学生になってからけっこう映画を観るようになりました。

で、ここ最近みた映画をメモも兼ねて感想を書く。

9月1日:バイオハザード
たまーにつけるTVでCMしていて渋谷が舞台だとか言っていたり、最初の感染者が中島美嘉だとか騒いでいたので友達と時間割の相談がてらなにか映画をみようと話し合った結果これになった。しかも僕はバイオハザード1は見たがバイオハザード2、バイオハザード3は見ていないという。
そして本編もまあまあ期待していなかった通りの展開でつっこみどころ満載というような感じでした。3D上映もあったのでそれで見たらまた違ったかもしれませんが少なくとも1500円払ってみたいかと言われたらそんなにみたくないです(笑)

10月1日:カラフル
森絵都『カラフル』原作のアニメーション映画。

ストーリー:突然現れて当選を告げる天使の計らいで、死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年・真の体に“ホームステイ”をすることに。現世に戻る再挑戦のため、真としての生活を始めた“ぼく”は、やがて真が自ら死を選んだ理由を知る。そんな中、“ぼく”は現世に戻る再挑戦をすることの本当の意味を考え始めるが……。

引用リンク;http://www.cinematoday.jp/movie/T0008372
とても語り口の多い作品だった。家族の問題、学校での友人関係、自分自信どうするのか。たぶん原作にしても映画にしてもいろいろと感想や批評などたくさん書かれているだろうと思わせるような作品でした。とても見ていておもしろい作品だったので見ておいて損はしないと思います。また舞台が二子玉川や川崎など実際にある場所が舞台になっているみたいです。
参考リンク:カラフル Colorful 舞台探訪

11月1日:インシテミル 7日間のデス・ゲーム
3ヶ月連続で1日に映画を見に行ってます。米澤穂信インシテミル』の映画化された作品。twitterでつまらないという感想をちらほら見たのでそんなに期待して観に行かなかったのですが、思っていたよりは面白かったです。原作は既読だったのですが、内容はけっこう変わっていたので原作既読の人も楽しめると思います。僕は原作のほうが好きですが・・・
まあつっこもうと思えば伏線回収されていないところがあったり、そんな簡単仕掛けで大丈夫なのかというのもありますが、こまけえことは(ry

直近3ヶ月で映画三本見たのですが、これに合わせて先月もう一本見たものの途中で寝てしまってあまり覚えてないので感想は省きます。

いやあ映画はいいものですね

広告を非表示にする