読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gennei's blog

IT、読書、日記、メモ

外に出れないので日記なんて書いてみる

長い長いと思っていた夏休みも終りつまらない大学生活が始まりました。

夏休みは後期の授業のために勉強したり勉強したり遊んだりしてたという奇妙な夏休みだった。
まあそれなりに楽しかったことも多かったのでよかったです。

夏休みはオックスフォードから帰ってきた、ゆーきさんと会うことがしばしばありました
ゆーきさんについてはこちら
【ニコニコミュニティ】哲学の「て」ぶくろ(ゆーき's office)

ゆーきさんに初めて会ったのが8月中旬。池袋の某ファミレスで深夜に会う。しかしそこでははじめましてとかそういう言葉もなく前から知っていたかのように会話が始まる。僕はとてもこれに疑問を持っていた。ゆーきさんとはSkypeで話したりtwitterでやりとりしたり、ニコ生で配信しているのを見たりと確かに前から交流はあった。そして僕は一方的にゆーきさんの顔を見ていたので別に初めて会ったという感じではなかった。しかし、ゆーきさんからしてみればgenneiとは誰だ。声だけは聞いたことあるけどという感じになるはず。
なぜ自分がこのような違和感を持ったかと考えてみれば今までネットを通じて会った人はテキストでやり取りしていて相手の顔を知らないことが当たり前だった。そうするとだいたいお互いの情報が対象であった。相手の顔を知っているような状況もなかったし。
これからこういう情報の非対称なことはたくさん起きるだろうし、これが普通になるんだろうな。これが普通になったとこで別になんの問題もないですけどね。

こういう風に物理的な距離を越えても沢山の人と話すことができるようになったのだと改めて認識しました。
おわり